FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。

090924_120205.jpg

ついに収入の時!!(笑)りんごもぎです!!

りんご農家は実はりんごが収入源なんですよ?(笑)

つまり今まで無収入!!

先生から「よく生活出来ました!」っていうハンコが貰えそうな感じですね(笑)

今回収穫したのは、弘前ふじというりんごです。

ふじと根本的に違うのは、収穫時期が違うということ。

一ヶ月早く食べれるふじを、通称早生ふじと呼びます。

他には「やたか」という早生ふじも二本ありましたが、

着色不良、銀葉病感染、そして去年の雪害により伐採されました…。

木が真っ二つになりましたもん。これは剪定で回避出来ることなのですが、

苗木の時の剪定で回避できることなので、成木になってから回避しようとしても無理難題です。


市場に出す場合は分けて出すのがルールです。

でも、お店に並ぶ場合は、早生ふじとして混合される場合もあります。

種類によって、玉の伸び具合、味、着色、みんなまちまちです。

090924_073543.jpg

手カゴにちょっとしか入らないほど大きくなった弘前ふじ(笑)

師匠は自分の畑にある大紅栄という世界一レベルのりんごと比べると言って持ち帰りました…

多分うちのりんごの方がデカイびょん(笑)

090924_104843.jpg

一番大きいので700グラム近いですね。

12箱収穫しましたが、4箱が売り物にならない加工用で、8箱が市場に出荷されました。

090924_104737.jpg

一番左の小さいのが、通称大玉と呼ばれる32玉であります(笑)

その他が500グラム以上のりんごです。

今年は玉伸びが異常だった気がします。

そしてつる割れも…。


他の農家でもふじのつる割れが見えてきているらしいです。

うちの木に、つる割れが少ない木がありました。

何が違うのか研究しようと思います。

ちなみに玉の大きさが大きいと、つる割れしやすいというのは間違いです。

それに完熟すればつる割れになるのも間違いです。

つる割れは原因不明だということを先に言っておきます!
スポンサーサイト