FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



高杉の園地の手前の空き地。

ここの園地を通らせてもらってるんですよ。

秋には美味しいりんごを送らせて頂いてます。

ここの人は県外にいて、たまに帰ってきて草刈りをしていきます。

真面目だなぁ(;´Д`A

オラはだと知らんぷりだろう。


その空き地には一昨年、しのべがたくさんいました。

それに除草剤を掛けてたけど、

たまにしか帰ってこないから、結局また伸びてくる。

減らない。

去年は結局草刈りだけでしたね。

でも今年、減ってる気がしています。

なんでやねん。

さらには今の時期に枯れてる。

いつの間にか除草剤掛けたんだね。って思ってました。



一服のときに見にくると、

びっしり虫が∑(゚Д゚)

どええええええええええええええ!

ナウシカの王蟲みたいな黒い虫。

しかもしのべだけ食べています。

うちの園地の手前側も食べられていました。

なるほど…枯れるわけだわ。



蓼食う虫も好き好き(´Д` )なんて言葉があります。

ギシギシはタデ科です。

そのタデ科を食べる代表的な虫に、

コガタルリハムシというのがあります。

ルーラル電子図書館で知りました。

ネットでギシギシを食べる虫で検索すると、

同じ王蟲のような画像が出てきました。

この黒い虫は、コガタルリハムシの幼虫。

調べると、今の時期に羽化して、しのべを食い尽くす。

それから成虫になり、夏までの間、またしのべを食べる。

夏からは土の中で眠るそうだ。

夏までの間、しのべ摂食で、かなり減る。

さらに夏以降はかっぱん病だ。

りんごと同じ病気が出る。

無農薬の空き地で、しのべが増えない理由がなんとなくわかった。

しのべ自体は繁殖力と成長速度は高いものの、

病気や虫には弱いようだ。

食物連鎖というか、自然界の流れが出来ている。

自然界の流れを断ち切っているのは、

我々りんご農家の、殺菌剤、殺虫剤のようです。

不自然の中だから、不自然にしのべが生き続けて増えるんだな。

それに対して出来たのが除草剤。


殺虫剤、殺菌剤を使うな!と言っている訳でもないし、

農薬が悪いとは思っていません。

「美味しいりんごを栽培する」

というのは、自然界ではありえないこと。

つまりそれだけで不自然なのです。

不自然の中にいると、次々と不自然なことをしなければならなくなります。

りんご栽培をやめますか?美味しいりんごを作りますか?

農薬は悪じゃないし、体にめちゃくちゃ悪いわけじゃない。

農薬を使ったりんごは体を壊すから食べないって?

うちのじいちゃんは、

もっと農薬の質が低い時代から農薬を被って散布してたけど、

82歳まで、20キロのりんご箱を毎年1000箱以上持てるくらい、健康に仕事をしていました。

だから農薬は安全かっていう理由にはならないかもだけど。

うちも農薬の成分は、減らすことに努めていますが、

体に良いから、安全だからではなく、

使わなくて良いからです。経費削減です。

元々安全だと思っているわけですから…。

使わなくて良いなら、使いませんよ( ̄▽ ̄)

不自然の中で、不自然農法はすぐに覚えることは出来ます。

自然の流れは、なかなか目を向けてみないと見えないもんです。

農家で不自然をしている以上、自然の摂理に目を向けているだけです。

これはいわゆる趣味ですな。

kg

さぁ、生物兵器採取完了です。

ちょっとじぶんちのしのべ畑に撒いてくる。

スポンサーサイト