fc2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



終わりです!

無事いろいろ終わりました!

剪定、改植、とれたて決算。


来年は絶対開花前に終わらせる。

絶対に。

請負剪定も、終わってから行きます。

開花まで接ぎ木したい。

請負メンバーも先週終わった方がチラホラ…

これはイカンよな。。。

見直さねばならぬ。


丸葉は接ぎ木が良いなー。

3年前に一挙更新した木を見てそう思いました。

実りやすい品種は、特に扱い易いんじゃないかなー。



これから草刈りをして、実すぐりに入ります。

今年も高刈り。

でも草刈りの回数を増やす予定です。

天気見ながらだけど、4から5回かな。

理由が出来ました。

しのべよりも、イネ科の草を増やして、

ミミズを増やすようにします。

改植の時の違和感。

それはミミズかも。

しのべが多い区域と、しのべが少ないところでは、

ミミズの量が違う。

柔らかい土だったけど、いないんだー。

きっと柔らかいのは、雨や川の増水のせい。


しのべ区域はミミズが少なかった。

っていうのは、しのべが多いってのが理由ではなく、

ミミズのえさが少なかったってこと。

いないことはないんだけど、少ないっていう雰囲気はあった。

調べたらクローバーも餌にはならん。

しのべ(ギシギシ)もね。

全部食うもんだと思ってた…。


ワラが面倒だったら、イネ科の植物、ミミズの餌になるような草を植えるべし!!

しかも植えるならば、タイミングもあるようだ。

効率の良い、植えるタイミング。

でもイネ科の草も今の時期になると、結構な大きさになるんだよなぁ…。

草刈りの負担になりそうな束ですわ(´Д` )

やってみた後の現実問題も頭には入れておかないとね。

こうやって石橋叩きすぎて、あんまり前に進まないんだけどな。

イネ科にはさらに秘密があるそうだけど、それはまた次の機会に。

植えたら掘ってみねえとな。

しのべ区域も、5年間同じようなことしたから、別なことして違いを見たい。

半分で実験するのもいい。

現にどっかの山では、しのべが木の下にあるのとないのとで、

なんでかりんごの葉っぱの内生菌に差があるとも言われているし。

同じ人が、なるべく同じ場所で比べないとわからんよね。

だから肥料区と無肥料区を作っている。

肥料をせっかくやるんだから、結果が見えて欲しい。

違いが見えてくれたら良いなあ。



今年も4Hクラブで瓶入りりんごを製作。

今回は赤くしたいということで、

ふじは諦めて、スターキング、レッドゴールド、紅玉になりました。

赤くなりやすいからね!

まー、単純やー(´Д` )


3年やってれば、面白いことに良いお話も来る。

誰もがお金に出来にくいと思ってたら、なるかもなんだー(´Д` )

まさかそうなるなんてな。

やり続けるかどうかは売り上げ次第です、



スポンサーサイト