FC2ブログ

会津ひろきりんご園『紅のりんご農家』ブログ

4/7 発芽 こっから日に日にどんどん進む。



ギシギシにつくコガタルリハムシの幼虫が消えた。

ついに…成虫になった!?

多分これからの薬剤散布で死ぬんだろうなー。

ギシギシの旺盛な園地、

よく見るとイネ科の植物が生えてきている。

だいぶ増えてきた。

ギシギシ、しのべは刈れば刈るほど弱る。

葉っぱが出たら刈って、

葉っぱが出たら刈ってを繰り返せばたちまち弱る。

葉っぱで養分を作って、根で貯める。

根の養分を使って刈られた後に葉っぱを出す。

その養分が尽きれば最後です。

でも刈ると、小さいうちでもすぐに種を持つ。

種は未成熟でも発芽するから厄介なのだ。

このくらいは一般の農家さんの常識。

除草剤を使いたくなる理由も分かる(´Д` )

最初はオラも使ったしね。

40aギシギシ畑に今除草剤をやると、

せっかく生えたイネ科やマメ科の草まで死んじゃうーー(´Д` )

まぁ、7年間なんもネズミの被害もなくやって来れたから、

なんもしなくても大丈夫なんですけどね。

ギシギシが多いことで周りからいろいろ言われるけど、

悪いことってば、ストレス溜まるくらいです(´Д` )

しのべは刈れば刈るほど弱るけど、

イネ科はなかなか死なないみたい。

種を付けてから刈るようにしてれば、しのべよりもいつかは増えていくんだろう。

今がその状態。

さらに種をばら撒けばその逆転はもっと早くて良いかもね。

土に必要なものが生えると思ってたけど、

スプレヤーで農薬散布しているし、草刈りの回数も多いから、

必要なものが生えるわけじゃない。

「環境に合った草が生える」んだろうなー。

遅いけど、今思った。
スポンサーサイト